結婚の挨拶の手土産を選ぶときに気を付けたいこと|Photorait

[PR]

絶景フォトから挙式まですべて叶う!よくばり沖縄フォトウエディング特集

注目キーワード

結婚の挨拶の手土産を選ぶときに気を付けたいこと

特集

結婚の挨拶の手土産を選ぶときに気を付けたいこと

2016年05月15日 更新

結婚を決めた二人にとって、お互いの両親に承諾を得るための挨拶は失礼のないように対応したい大事な日です。結婚挨拶手土産に選ぶ品はどのようなものにしたら良いのでしょうか?のしはつけるのか、つけないのか、渡し方にルールはあるのかなど、知っていそうで実は知らないことって多いですよね。ここではそんな大事なポイントについてご紹介します。

結婚の挨拶の手土産を選ぶときに気を付けたいこと

[目次]
▼知っておきたい順番!女性側の両親の次に男性側の両親です
▼のしはいらないけれどつける場合は結びきりで
▼結婚挨拶手土産は相場で選べば大丈夫、高ければいいというものではない
▼定番はお菓子!ただし、避けた方がよい品物とは?
▼好みのものか有名店、老舗のお菓子を選ぶと安心
▼相場などの基本に合わせ、そつなくこなしたい結婚挨拶
▼おすすめの手土産セレクション

知っておきたい順番!女性側の両親の次に男性側の両親です

結婚の挨拶は女性側の両親への挨拶を済ませてから男性側の両親への挨拶を行うのが一般的です。

「○○さんと結婚させてください、」と彼女の両親の承諾を得て、それから自分の両親へ挨拶するという流れがスムーズですね。この順番を守らないと、女性側の両親が不満に思う場合もあるようです。気をつけておくといいでしょう。

ただし、遠方の場合やどうしても両親の都合が合わない場合などもあるため、前後する場合にはふたりで相談して決めるケースも決してNGではありませんが、出来るだけあまり日を空けずに挨拶にいくとよいでしょう。

のしはいらないけれどつける場合は結びきりで

結婚挨拶手土産にはのしをつけないのが一般的です。つける場合は結びきりにするように気をつけましょう。蝶々結びは「何度あってもいいこと」で結びきりは「一度で良いこと」を表し、結婚挨拶には結びきりがふさわしいということになります。

つけなかった人は「これから家族になるのだからあまりかしこまった形はどうかと思ったから」「そんなに改まった形式での挨拶ではなかったから」、つけた人は「縁起がいいように思ったから」などそれぞれの価値観で決めています。どちらが正しいということでもないので二人で相談して決めましょう。

結婚挨拶手土産は相場で選べば大丈夫、高ければいいというものではない

とても大事なタイミングなので、少しでも高価な品物を選んだ方が喜んでもらえるのではと考えがちですが、落ち着いて考えたいところです。もちろん、あまり安価な品物にしてしまっても印象の良くない可能性があるかもしれませんが、高価すぎても浪費家なのではと心配させてしまう原因にもなりかねません。

一般的な相場が3,000円から5,000円と言われていますから、相場の範囲内で選んでおくと安心です。

定番はお菓子!ただし、避けた方がよい品物とは?

相場がわかったら、次に大事なのは「どんな品物を選ぶか」という問題。多いパターンはお菓子です。訪問先の家族の人数も考えて選びましょう。

また、有名店もある羊羹ですが「切り分ける」ことから縁起が悪いと敬遠する人もいます。またお煎餅も「割れる」ことで避ける傾向が強いですね。日持ちのしないお菓子よりも少し日持ちのするものを選ぶということも大事な気遣いとなります。

好みのものか有名店、老舗のお菓子を選ぶと安心

スマートな選び方としてご両親の好きなお菓子を手土産にするという方法があります。「お好きだと伺いましたので」と伝えながら渡すと素敵ですね。

好みがわからない場合もあるでしょうから、その場合は有名店や老舗のお菓子を選ぶと良いでしょう。甘い物をあまり好まないことがわかっているようであれば、紅茶や緑茶、コーヒーなどにするのも良い選択。

相場などの基本に合わせ、そつなくこなしたい結婚挨拶

結婚挨拶手土産を選ぶときに「より良いものを」と考えてしまうかもしれませんが、金額は相場くらいのものにしておくと良いでしょう。

渡すときには、ご両親の目の前で紙袋や風呂敷などから出して渡すようにしましょう。緊張する場面ですが、小さな気遣いが印象が変わるため、事前にしっかりと心の準備をしておくと安心ですね。

  • 1
  • 2
この記事についたキーワード

あなたにおすすめの記事

FOLLOW US!公式SNSでPhotoraitのおすすめ情報を配信中!

[PR]Photoraitのおすすめスタジオ

ページトップへ