結婚式参列のネクタイの色・柄ってどこまでOK?|Photorait

[PR]

絶景フォトから挙式まですべて叶う!よくばり沖縄フォトウエディング特集

注目キーワード

結婚式参列のネクタイの色・柄ってどこまでOK?

ガイド

結婚式参列のネクタイの色・柄ってどこまでOK?

2016年05月19日 更新

大切な友人の結婚式。スーツをビシッときめて参列したいものです。しかし、スーツコーディネートを決める時に、ネクタイをどのようなものを身につけるべきか迷ってしまうこともあるでしょう。そんな時のために、今回は結婚式に参列する時の、ネクタイのルールについてまとめてみました。是非参考にしてみてください。ルールを間違えていると非常識な人と勘違いされてしまいますので、くれぐれも失敗しないようにしましょう。

結婚式参列のネクタイの色・柄ってどこまでOK?

[目次]
▼結婚式で黒ベースのネクタイは絶対にダメ!
▼結婚式のネクタイは白いネクタイで決まり?!
▼素材で選べる!オススメのシルバーネクタイは優れ物
▼シャンパンゴールドのネクタイもおすすめ!
▼結婚式で使用できる!?OKなネクタイの柄は?
▼無地のネクタイなら爽やかなカラーをセレクト!
▼ネクタイ以外にもこんなアイテムがおすすめ!
▼ポケットチーフを上手に使っておしゃれ度アップ!
▼ネクタイピンを使うとフォーマル感も高まる
▼ネクタイの色味は招待客を考慮して決めよう

結婚式で黒ベースのネクタイは絶対にダメ!

黒のネクタイを着用することによって、喪服を連想させてしまうので、黒のネクタイの着用はNGです。黒いネクタイを着用していることによって、心なしか周りの雰囲気も暗くなってしまいます。

黒のネクタイは弔事用、白いネクタイは慶事用と決まっています。そのため、黒のNGの着用だけは避けてください。ストライプや柄の入っているネクタイでも、黒ベースの色が入っているネクタイは、それだけで着用不可になります。

結婚式のネクタイは白いネクタイで決まり?!

結婚式で着用するネクタイは、白であることが通例です。特に、比較的年代が上の方は、白いネクタイで決めてきています。一方若い世代では、白いネクタイは年配者が着用するというイメージがあるのか、白いネクタイの着用はせず、カラーネクタイをしていることが多いです。

若い男性の場合は、カラーネクタイの方が爽やかな印象があるため、白よりはカラーネクタイの方が良い、という意見も多くあります。

素材で選べる!オススメのシルバーネクタイは優れ物

シルバーネクタイは、誰でも似合う人気アイテムです。シルバーのネクタイと言っても、シルク素材のものから、光沢感のあるネクタイなど様々なタイプのものがあります。
結婚式はフォーマルなスタイルをするのが一般的なので、上記のような素材の方が上品な感じが出るのでおすすめです。白ではないけれど、白に近い色でもあるシルバーやライトグレーがおすすめです。

シャンパンゴールドのネクタイもおすすめ!

結婚式の時に着用をするネクタイの色として、シャンパンゴールの色もおすすめです。
シャンパンゴールドの色のネクタイは、高級感があり華やかなイメージがあり、結婚式というフォーマルな場所にぴったりです。

シャンパンゴールドと同じように、光沢がある薄いピンク色をしたネクタイなんかも良いでしょう。親族としてではなく、ゲストとして参列するような結婚式の時には是非!

結婚式で使用できる!?OKなネクタイの柄は?

結婚式用のネクタイの色についてはわかってきましたが、ネクタイの柄についてはどうでしょう。
柄については特に制限は無いと言えます。しかし、柄の場合でも黒をベースにした柄は避けなければいけないので気を付けましょう。
ブラックスーツ着用の場合は、派手にせず、格子柄やストライプのものを選ぶようにしましょう。また、ダークスーツ着用の場合は、小紋柄がよく似合います。

無地のネクタイなら爽やかなカラーをセレクト!

もし無地のネクタイを着用するのであれば、カラーネクタイを着用するのも良いでしょう。ピンクやブルーなどのパステルカラーは、爽やかなイメージで印象が良いです。若々しい印象にもなります。

しかし、年配者にとっては白色のネクタイが当たり前、というイメージがありますから、そこは配慮が必要です。派手すぎず、地味すぎないを目指しましょう。

  • 1
  • 2
この記事についたキーワード

あなたにおすすめの記事

FOLLOW US!公式SNSでPhotoraitのおすすめ情報を配信中!

[PR]Photoraitのおすすめスタジオ

ページトップへ