たった216円!?人気のフォトプロップスの作り方|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

おすすめ

たった216円!?人気のフォトプロップスの作り方 2015.12.14 更新

たった216円!?人気のフォトプロップスの作り方

最近フォトウエディングだけでなく、結婚式や女子会などで使われることの多い「フォトプロップス」。文字が書いてあるものから、メガネやひげなどの変身グッズまでさまざま。 このフォトプロップスたちを、実は簡単に手作りできてしまうこと、ご存知でしたか? フォトプロップス用の無料素材を提供されている『ミキシーボ』さんの素材をお借りして、フォトプロップスの作り方をお伝えしていきます。

[目次]
▼よくinstagramや雑誌で見かけるアレ。「フォトプロップス」ってなに?
▼たったこれだけ! とってもお手軽な材料
▼まずは土台作り。パーツを作っていきましょう
▼もうすぐ完成!パーツを組み合わせて飾り付け
▼手作りアイテムでオリジナルな演出を
▼フォトプロップスの無料素材はこちらから

よくinstagramや雑誌で見かけるアレ。「フォトプロップス」ってなに?

instagramや雑誌で最近よく見かける、細いスティックの先にひげやメガネの形のプレートがついているアレ。 アレをなんていうかご存知ですか?

答えは「フォトプロップス」。写真を撮る際に、写真撮影をもっと楽しくする小物として、 結婚式やパーティなどの場面でよく使われるものなんです。

海外では以前からよく使われていたものでしたが、最近はinstagramなどのSNSによって日本にも広まり、 紙やスティックがあれば簡単に作れることから人気になりました。

ひげやメガネなどの小物系から、メッセージが書かれたものなど種類はさまざま!
ウエディングフォトでは「MR」「MRS」「JUST MARRIED」「LOVE」などの文字が入っているものが特に人気です。

そこで、今回Photoraitでは【たった216円】で作れてしまうフォトプロップスの簡単な作り方をご紹介します。

たったこれだけ! とってもお手軽な材料

フォトプロップス作りに必要な材料は下記の通り。

(1) 素材…0円
『ミキシーボ』さんのサイトからダウンロードしたフォトプロップス用素材を印刷する

(2) 厚紙(または段ボール)…0円
通販サイトの梱包に使われているものや、スーパーマーケットでも貰えます

(3) ストロー…108円
100均でたくさん入っているものを購入しました

(4) マスキングテープ…108円
こちらも100均で購入。マスキングテープは必須ではありませんが、あった方が仕上がりが可愛くなりますよ。

その他、はさみとのりをご用意ください。つまり、合計216円でフォトプロップスが作れます!

まずは土台作り。パーツを作っていきましょう。

まず、『ミキシーボ』さんのフォトプロップス用の無料素材を印刷したものを、はさみで丁寧に切り取ります。

切り取ったものを厚紙(または段ボール)にのりで貼り、また切り取っていきましょう。ちなみに、無料素材を厚紙に印刷してしまえば、この工程を省くことができるので簡単!

持ち手部分はストローを使います。ストローが無ければ段ボールを長細く切ったものや、割りばしなどでも代用できます。ストローはそのままよりもマスキングテープを貼った方が可愛くなります。
マスキングテープを斜めにくるくると巻きつけていくと、かわいい持ち手に早変わり。

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ