和装の花嫁におすすめする髪型10style|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

特集

和装の花嫁におすすめする髪型10style 2016.08.12 更新

和装の花嫁におすすめする髪型10style

女性にとって、いろいろな節目で和装をする機会はありますが、 花嫁としての立場で装うことは特別なこと。 和装らしく純和風の髪型もよいですが、せっかくならば自分らしさをたっぷりとアピールできる髪型で記念日を迎えたいですよね。 髪型の選択肢として洋風のアレンジも含めてみれば、ぐっと幅が出て選びやすくなります。大人シックなおすすめのアレンジ5Styleをご紹介します。

[目次]
▼古典的な髪飾りが印象的な優雅なスタイル
▼おしゃれ花嫁さん注目の「ボブ風ヘアアレンジ」
▼凛とした美しさを印象づけるなら、逆毛で作ったスタイルが◎
▼落ち着きある大人らしさを出すなら、重心を低めに設定してみる
▼大胆さのある花嫁を演出するなら、髪飾りは思い切ってゴージャスに
▼本質で勝負するなら いっさいの装飾を省いたシンプルな髪型
▼色打掛には愛らしい日本髪結衣スタイルで
▼白無垢ブライダルに洋髪でドレス姿のようなイメージに
▼可愛さを印象づけるなら! 編み込みスタイルが最適
▼ソフトなカラーの色打掛ならふんわりボリュームスタイルで華やかに
▼和風っぽさにこだわらない和装に似合う髪型

古典的な髪飾りが印象的な優雅なスタイル

おでこをくっきりと出して、前髪を日本髪風に上げてボリュームを出しています。シンプルな和髪ですが、髪飾りひとつでさまざまな印象に。お花をつけてもパッと華やかになりますが、こんな古典的な髪飾りも会場の目を引くことでしょう。髪飾りがゆらゆら揺れる愛らしいスタイルです。淡いパープルの髪飾りが花嫁をよりいっそう優雅に引き立てています。ソフトなカラーの打掛と、色のコーデもまとまっていますね。鮮やかな色打掛や華やかな髪型のスタイルも存在感がありますが、やや控えめで古典的な印象に仕上げたいという方におすすめのスタイルです。

おしゃれ花嫁さん注目の「ボブ風ヘアアレンジ」

「ボブ風ヘアアレンジ」とは、ロングヘアをボブのようにみせるアレンジのことです。大胆なイメージチェンジを楽しめるだけでなく、和装にも洋装にも相性抜群。おしゃれ花嫁さんたち注目の髪型なのです。和装の姿が一気にモダンなイメージになりますね。ロングヘアを活かして日本髪を結い上げるのも伝統の花嫁さんスタイルですが、こんな風にしっとりしたボブスタイルにまとめると新鮮な印象に。レトロモダンなスタイルには古典的な髪飾りも合いそうですね。トレンドに敏感で、ほかの人とはちょっと違う個性的なスタイルに仕上げたい方におすすめのスタイルです。

凛とした美しさを印象づけるなら、逆毛で作ったスタイルが◎

髪全体にふわりと逆毛を立てて、ボリュームを出したスタイル。
やさしいイメージになりますが、うちに秘めている芯の通った大人の女性ならではの美しさが魅力的ですね!

丸顔さんもこのスタイルでオデコをしっかり出せば、面長に見える効果があるので、 バランスがとりやすくてオススメです。凛とした美しさを印象付けるにはもってこいの髪型です。

落ち着きある大人らしさを出すなら、重心を低めに設定してみる

髪の色を黒めにして、低めの位置でまとめるアップスタイルなら、 控えめで堅実なイメージになります。
あくまで緩すぎず、タイトすぎない纏めかたで、大きすぎない髪飾りがしっくりきますね。

派手になりすぎることがないので、落ち着きある大人らしさを出すにはぴったりの髪型です。 前髪を横流しにすると大人らしさがアップします。

大胆さのある花嫁を演出するなら、髪飾りは思い切ってゴージャスに

大人の花嫁だからこそ、大胆な装いもしっくり似合うものです。
髪飾りの美しさも手伝って、迷いのない凛々しい姿から、かえって女性らしさが滲み出てくるようなスタイルになります。

一生に一度しかない結婚式、派手すぎることなんて無いんです!
思いきり大胆に髪型を遊ばせましょう。大胆さのある花嫁を演出してみてください。

本質で勝負するなら 極力装飾を省いたシンプルな髪型

究極的な美しさは、やはり髪質勝負のシンプルなまとめ髪ですね。
普段から髪のお手入れもしっかりして女磨きに余念のない方には、ぜひトライしていただきたい髪型です。

もちろん髪質に自信がない方でもテクニック次第でとても美しく仕上がります。
飾り気のない清らかな花嫁さんの姿に思わずうっとり溜め息が漏れるはずです!

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ