《新連載》花嫁Beautyの極意Vol.1 旬トレンド VS 王道ポーズお手本帳【PR】|Photorait

[PR]

Free Style

注目キーワード

《新連載》花嫁Beautyの極意Vol.1 旬トレンド VS 王道ポーズお手本帳【PR】

特集

《新連載》花嫁Beautyの極意Vol.1 旬トレンド VS 王道ポーズお手本帳【PR】

2017年09月19日 更新

結婚写真は一生モノの幸せな記録。「自分史上最高レベルにキレイな写真を撮りたい」というのは、絶対にブレない花嫁共通の願い。見返して後悔しない&みんなに自慢したくなるウエディングフォトを撮影するには、実は知っておくべき“極意”があるんです。そんな花嫁たちの切実な願いに応えていく新連載がSTART!気になる衣装やビューティの磨き方はもちろん、イマドキのおしゃれフォトを撮影するための秘訣は、やっぱりプロに聞くのが正解。全国13店舗を展開する「クレールブライダルスタジオ」の現役フォトグラファーやヘアメイクさんに編集部がインタビューし、永久保存版の「花嫁Beautyの極意」を毎月お届けします♡

《新連載》花嫁Beautyの極意Vol.1 旬トレンド VS 王道ポーズお手本帳【PR】

宣言!「キレイで可愛い」は絶対に作れます

満足の行くウエディングフォトを撮るのに必要なものって、選ぶ衣装やヘアメイクのクオリティ?それだけじゃありません。より美しく魅せるポーズや表情の作り方も仕上がりを左右する要素。

でも、みんながみんなモデル級のポーズを作れるわけじゃない。「カメラを前にすると緊張してしまう」「どんなポーズをしたらキレイに撮れるのか分からない」という花嫁の方が多数派ではないでしょうか。当日ぶっつけ本番でもプロがサポートしてくれるけれど、せっかくなら事前準備をして撮影に臨むのがベスト。プロおすすめのポーズを知っておけば、理想通りの「キレイで可愛い」にぐっと近づけるはず。早速クレールブライダルスタジオのスタッフに質問してみましょう。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】

お役立ち情報!撮られ方の基本とカット数をチェック

まずはウエディングフォトの撮られ方の基本知識から。ここをおさえるだけでも数段ステキな写真が撮れちゃいます。

1、「目」を意識する!
写真を見た時、何より強く印象に残るのが人の「目」。キラキラした幸せ感いっぱいの想いを、しっかりと写真に残したいですよね。ポイントは撮る時に目をしっかりと開いて目ヂカラを出すこと。ただし眉を上げると不自然になってしまいます。

2、普段鏡を見る感覚を大事に
カメラを意識し過ぎるとつい顔がこわばってしまいますが、普段鏡を見ている感覚でレンズを見ると自然な表情になり、目もぱっちりと開くはず。

3、意識して顎を引く
ただ頭を下げて顎を引くだけでは二重あごのような写りになるのでNG!肩甲骨を寄せて首を後ろに下げるイメージで顎を引くと、フェイスラインのたるみがスッキリし、首の細見え効果も期待できます。

4、「写真が苦手」と素直に伝える
写真慣れしていない人は「ポーズを取るのが苦手」と、本番前に素直に伝えてみましょう。撮る前にポージングの練習をしたり、フォトグラファーが丁寧にアドバイスをしてくれるはず。カメラ目線だとどうしても緊張する場合は視線をはずしたリラックスした表情も撮ってもらいましょう。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】

何ポーズ撮れるかはフォトプランのカット数(撮影枚数)に応じて変わって来ます。

衣装1着あたりのカット数の目安:
・スタジオ撮影の場合 50~100カット(6~8ポーズ)
・ロケーション撮影の場合 100~150カット(8~10ポーズ)

クレールブライダルスタジオの場合

出来ればあらかじめ決めておきたいけれど、どうしてもポーズのアイディアが浮かばない場合には、可愛い系、クール系、ナチュラル系などリクエストをすれば提案してくれるはず。イメージにズレがないよう、インスタや雑誌で見つけたポーズを持参して「こんな風に撮りたい!」とオーダーするのもおすすめです。

クレールブライダルスタジオの撮影プランはこちら

これが流行ってる!絶対取り入れたい旬トレンドポーズ6


さて、基本を知ったらいよいよ実践編へ。「クレールブライダルスタジオ」のフォトグラファーに聞いた「このポーズが流行ってる」「これを撮っておけばイマドキ」というポーズのアイディアを紹介します。

1、永遠の愛を誓う花束をセンターに
プロポーズの言葉と一緒に贈られた花束を押し花加工して、一緒に撮影するカップルが増えています。忘れたくないプロポーズの思い出をカタチに残したい方におすすめです。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】


2、海辺で顔を寄せ合うシルエット
フォトウエディングでもはや定番になったビーチフォト。その中でも限られた時間でしか撮影出来ない貴重なサンセットが人気です。打ち寄せる波打ち際に浮かび上がるふたりの幻想的なシルエット。自然と顔を寄せ合い、ロマンチック過ぎる一枚が残せます。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】


3、趣味の小物をプラスON!
ふたり共通の趣味の小物、たとえば、楽器や好きなアーティストのLIVEのタオル、スポーツ観戦系グッズを持ち込んでの撮影が人気。ふたりらしいナチュラルな雰囲気の写真に仕上がります。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】

4、大切なペットと一緒に 
ペットと一緒ならリラックスしたとびっきりの笑顔になれるはず。抱っこしての撮影がNGというスタジオもありますが「クレールブライダルスタジオ」ではペットと一緒の写真もOK!年賀状用写真にもおすすめです。

※ペットと一緒のポーズは南青山店、自由が丘店、奈良大宮通り店、奈良店、松坂店、四日市店の6店舗で撮影が出来ます。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】

5、クール×和装
凛としたクールなイメージで撮影したい場合はフォトグラファーに伝えて。ライティング次第でがらりと雰囲気を変えられます。和装にカッコよさをプラスしたい方におすすめ。

出典:結婚写真・フォトウェディングのクレール 【東京・大阪】

この記事についたキーワード

あなたにおすすめの記事

FOLLOW US!公式SNSでPhotoraitのおすすめ情報を配信中!

[PR]Photoraitのおすすめスタジオ

ページトップへ