彼女は大丈夫?イマドキの結婚相手の選び方|Photorait

Free Style

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

特集

彼女は大丈夫?イマドキの結婚相手の選び方 2016.05.18 更新

彼女は大丈夫?イマドキの結婚相手の選び方

ひと昔前ならば男性が結婚する相手を選ぶ際の条件として、良妻賢母であるかどうかというシンプルな選択肢がほとんどでした。しかし携帯やネットの普及など昔にはなかったイマドキの背景から、彼女を結婚相手として選んだら、やっていけるのだろうかと不安のある男性も少なくありません。そこでイマドキ事情をもとに結婚相手を選ぶ秘訣を伝授します。

[目次]
▼SNS依存症は結婚しても会話なし夫婦になりやすい
▼友達親子の絆にガク然、自分の存在が悲しくなる
▼年収が自分より高い妻の行く末はこうなる?
▼外でオシャレでも家の中でズボラさんは老けるのが早い
▼俺に何でも合わせてくれる彼女、結婚したらこうなる?

SNS依存症は結婚しても会話なし夫婦になりやすい

スマホでSNS、今では電車でも会社でもスマホを見ている人たちが溢れている世の中。もちろんデート中もスマホを見ることもあると思います。しかし依存症の彼女と結婚すると、結婚生活でもスマホに集中して会話がほとんどない夫婦になるリスクが高いでしょう。

結婚相手にするかどうかを見極めるなら、話しかけた時にスマホを置いて話を聞いてくれるかどうかという点に注目してみましょう。もしもあなたの優先順位がスマホより下であるならば、彼女はいつでもあなたを2番目の存在として扱うかもしれません。

友達親子の絆にガク然、自分の存在が悲しくなる

彼女のお母さんと彼女自身が友達のように仲良しなのは、理想の親子に見えます。しかしあまりにも絆が強すぎると結婚してから、自分たちの問題を彼女の親に相談して決めるようになります。親としても子供はかわいく思えますのでお互いに離れられない関係になっていきます。血縁関係には勝てないことを思い知り、結婚前よりも寂しく感じてしまうことも。

行き過ぎた友達親子の彼女との結婚は慎重に考えてみましょう。

年収が自分より高い妻の行く末はこうなる?

彼女のほうが年収が高いというカップルもイマドキの恋愛に多いでしょう。男性としても結婚して妻が稼いでくれるなら安心、という人もいると思いますがそれに頼ってはいけません。妻のほうが年収が高いなら、それなりに結婚生活を続けるコツを知っておく必要があります。

結婚したら「家事は女性がやるもの」と思っている男性は特に注意です。まず離婚されないように、家事を率先して手伝いましょう。なぜなら生活費を多めに稼いでいるという時点で、心理的な負担が生じています。そこで家事もこなすというのは、女性のほうが相当な負担を感じずにはいられません。

また仕事を持つ女性は必然的に出会いが多くなります。そのため夫は妻からみていつまでもトキメくことができる男性である努力が必要といえるでしょう。うまくいかなくなると女性から離婚を切り出されるケースもあります。

外でオシャレでも家の中でズボラさんは老けるのが早い

結婚したら嫁が変わった…、と嘆く男性も少なからずいます。それは変わったのではなく、もともとの彼女の素であるといえるでしょう。やっぱり好きな女性なら結婚しても変わらずいてほしいと思いますね。そこで結婚前に見極めるポイントをご紹介します。

デートの時にはとびっきりのオシャレをしてくる彼女、その彼女の家に行きましょう。泊まれるなら泊まってそれとなく彼女の生活の実態をチェックしてみるのです。家ではどんな風に過ごしているのか、部屋はきれいかなど、彼女が着飾っているだけでは見えない部分がたくさんあるでしょう。「美人な彼女=美人な嫁」という方程式に当てはまるとは限らないのです。

俺に何でも合わせてくれる彼女、結婚したらこうなる?

恋人として付き合っている時は、彼女は男性に合わせている部分が多いこともあります。そのため男性からすると、何でも合わせてくれるから付き合いやすいし、このまま結婚したいと思いがちです。何でも合わせてくれる彼女が突然、自分に合わせてくれなくなったらどうでしょうか。実はこれが結婚した後によく起こります。

男性からすると「嫁の自己主張が激しくなった」というように捉えられるかもしれませんが、女性のほうが関係を長続きさせるために、ずっと合わせてきただけだったという現実に直面します。結婚する前に見極めるなら、自分の意見だけで決めないこと、彼女の意見を必ず聞いて本音を引き出すことが大切です。何でも合わせてくれることに安心せず、本音で付き合っているかどうかを確認してみましょう。

  • 1
  • ライターネーム:ゲストライター

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ