顔合わせの服装マナー|Photorait

Free Style

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

ガイド

顔合わせの服装マナー 2016.03.30 更新

顔合わせの服装マナー

結納を行わないカップルが増えている昨今、大事になっているのが両家の顔合わせです。失敗しないために必要な服装やマナーを知っておきたいところですね。基本的には両家の格を合わせることと、会場の雰囲気に合わせることがポイントとなります。男性の場合と女性の場合でも違いがありますので、それぞれの違いについてもご紹介しましょう。

気を付けておきたい顔合わせのときの女性の服装

顔合わせのときの服装選びで大事なのは両家の格を合わせるということ。事前に彼と確認しておきましょう。

女性の服装で一般的なのはワンピースやツーピース、アンサンブル、スーツなどです。黒以外の色にして落ち着いた品のあるものを選びましょう。柄のない無地が好まれます。また、スカートの丈にも気をつけたいところです。ミニ丈ではなく、ひざ下かふくらはぎ程度の長さにしましょう。

気を付けておきたい顔合わせのときの男性の服装

男性の服装はダークスーツやブラックスーツが一般的。シャツは白にし、持っている場合はダブルカラーやダブルカフスのシャツを選ぶとフォーマル感が増し場の雰囲気と合います。

ネクタイはシルバーか縞、靴下と靴は黒です。和装のケースは少ないですが、紋付羽織袴や無地の着物が選ばれます。両家の父親も和装、洋装どちらでも構いませんが新郎と格を合わせます。

着物の場合と季節によって気を付けたいポイント

女性が和装にする場合は振袖や色留袖、色無地、訪問着、付下げとなります。両家の母親も新婦の服装と格を合わせます。和装でも洋装でも格が合っていればどちらを選択しても問題ありません。

暑い夏に顔合わせを行う場合は、少し早めに会場に着くようにし汗が引く時間を考慮すると良いでしょう。場合によっては着替えを用意しておくと安心です。夏ですから女性のワンピースなどは七分袖や半袖で問題ありません。

派手な装いはNG!?髪型やアクセサリーはどうする?

アクセサリーでオススメなのはパールですが、派手すぎるものや品のないもの、カジュアルなものや縁起の悪いデザインのものを避ければパール以外でも大丈夫です。髪型は、食事の際に邪魔にならないよう顔周りをすっきりさせた清潔感のあるスタイルが好ましいですね。

ハーフアップやフルアップ、カチューシャスタイルなど好印象となるスタイルにしましょう。

顔合わせで手土産は必要?それとも必要ない?

レストランや料亭など、自宅以外の会場での顔合わせであれば手土産は基本的に必要ありません。しかし、一方だけが用意していたとなると気まずくなる可能性もありますから事前に確認しておくと良いでしょう。

自宅での顔合わせの場合は訪問する側が手土産を用意することが一般的です。訪問される側が「わざわざ来ていただいたから」と手土産を用意する場合もあります。

緊張してしまう場だからこそ、事前の準備を怠りなく

両家の顔合わせのときにはどんな人でも緊張してしまうものです。服装の格が違っていたなどのトラブルが起きてしまったら、余計に慌ててしまい気まずい思い出が残ってしまうかもしれません。事前に話し合っておくことで、また、マナー上問題のない服装を知っておくことで落ち着いて対応することが可能となります。

両家の関係の始まりをスムーズに迎えられるよう、しっかり備えておきましょう。

★関連記事
顔合わせ食事会の服装とマナーまとめ<男性編・女性編>

  • 1
  • ライターネーム:ゲストライター

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ