スタッフブログ詳細|BRIDARIUM MUE(ブライダリウム ミュー)|Photorait

クチコミ掲載でもれなく全員にAmazonギフト券プレゼント!
スタジオ写真

BRIDARIUM MUE(ブライダリウム ミュー)

ブライダリウムミュー

4.9

0066-9755-1668通話無料
資料請求・お問い合わせ
NEW

【ふたりだけの奉告祭&スタジオフォト】プラン作成の背景

公開日:2020年8月2日(日)

今回は【結婚奉告祭&スタジオフォト】プラン作成の背景を書こうと思います。


今回の新型コロナウイルスの事態になる前、なぜふたりは「結婚式」を挙げる選択をしたのか。披露宴で感謝の気持ちを伝えたいということもあると思う。けど「挙式」そのものに意味があって挙げたかったのではないか。延期、中止、どの選択も本当に苦渋の決断だったと思う。写真だけでもとご来店頂く方がいらっしゃる中、フォトだけという事で本当にいいのだろうか。と、フツフツと考えていました。ふたりのおもいはどこで着地させることができるのか。


今結婚をすると決めたふたりが立ち止まることなくスタートを踏み出せるように「挙式」というカタチではなく、ふたりで「結婚のほうこくをする」という機会をつくろう。挙式も結婚のほうこくをするものですが、挙式の儀式を簡略させてシンプルに、結婚のほうこくをすること。奉告祭(神に謹んで告げる)とし、ほうこくする神社も大きすぎるところではない場所にしたい。そう考えてご相談をさせて頂いたのが「高輪神社」でした。本店スタジオと同じ港区高輪にあり、ひっそりとした佇まいで、地元の方から愛されている神社です。ご相談に伺った時、役に少しでもたてるならと快くお受け下さりました。とても嬉しかったですね。

奉告祭で結婚の報告後、境内でも撮影の許可をいただきました。撮影後はスタジオへ戻りスタジオ撮影をお楽しみいただきたいと思います。

「和装を着て、ふたりで並ぶ」ほんとうに幸せなことだと思うんです。スタジオ撮影でも思わず涙ぐむご新婦もいらっしゃいます。ふたりだけだったら蓋をしていたことも、わたしたちのような第三者が関わることで幸せを実感することもあります。こんな時だからセルフで、簡単に、気軽にという選択肢もありますが、こんな時だから人と人との想いや繋がりを持ちたい。大切にしたいと思っています。


▼プラン

https://www.photorait.net/studio/201905/plan

▼撮影日の確認はこちら
https://www.photorait.net/studio/201905/contact?type=vacancy

Entry最新の記事

記事一覧に戻る

こちらのスタジオをチェックした人におすすめのスタジオ

資料請求
オンライン/来店相談
撮影日の
空き確認
お問い合わせ
ページトップへ