簡単アレンジレシピで餅を美味しく食べよう!|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

Photorait編集部

簡単アレンジレシピで餅を美味しく食べよう! 2016.01.21 更新

簡単アレンジレシピで餅を美味しく食べよう!

お正月にお雑煮を食べたり、鏡開きをしたりして、1月の後半からは食べ方にちょっと困ってしまう定番のお餅。 とっても美味しいのに、余りがちで、そして焼いて食べる以外にどのようにアレンジしたらよいか分かりにくいもの。 保存できるからついつい多めに買ってしまうけれど、気がついたらカビが生えていた、なんて経験も多いのでは?

[INDEX]
▼焼いてもレンジでチンしても、すぐに美味しいお餅
▼お腹にたまるから好き!でもカロリーが気になるところ
▼お餅の保存方法
▼簡単お餅レシピ【洋おかず編】
▼簡単お餅レシピ【おやつ編】
▼縁起がよくてヘルシーなお餅で健康な1年を!

焼いてもレンジでチンしても、すぐに美味しいお餅

お正月の定番、お餅。
お正月では焼き餅にしたり、お雑煮に入れて食べたりと、食べることで「お正月だなぁ」と実感する食べものの代表ではないでしょうか?
長く伸びてきれないことから長寿を願う意味を含めてお正月に食べるのだそうですよ。

ちなみに鏡餅は「円満をかさねがさね」という意味を込めて丸いお餅を2段に重ね、歳神様を迎えるためにお供えされています。その鏡餅を鏡開きの日にみんなで食べることで、1年間の健康や幸せを願う意味が込められているのだそうです。

つまり、お餅は美味しいだけでなく、いろいろな意味がこめられたとても縁起がよい食べもの!たくさん食べたいですね。

お腹にたまるから好き!でもカロリーが気になるところ。

お餅はご存知の通り、もち米から作られるもの。
もち米がぎゅっとなっているイメージと、お腹にたまりやすいことからカロリーが高いイメージがありませんか?

では、お餅とご飯のカロリーを比較してみましょう。

【お餅】1個:118kcal
【ご飯】1膳:252kcal

つまり、切り餅2個であれば、ご飯1膳とほぼ同等のカロリーになるのです。
3個以上食べてしまうと、カロリーオーバーになりやすくなってしまいますが、「お餅が太る」というイメージは、美味しいお餅をついつい食べ過ぎてしまうことが原因なんですね。

お餅はむしろ、ご飯やパンよりも「よく噛んで」食べることができるため、満腹感が得られやすく、また唾液の分泌を促してくれるので体にとても良い食べものだと言えます。

お餅の保存方法

ついつい余らせてしまうお餅は、放っておくとカビが生えてしまい食べれなくなってしまいます。

もちろん早めに食べることが大事ですが、もし長期間保存したい場合は、冷凍しておくか、わさびと一緒にタッパーに入れておくことをおすすめします!

簡単お餅レシピ【洋おかず編】

蓮根もちの磯辺巻き

もっちりシャキシャキ食感の変わり磯辺巻き。お子さんにも手で持って手早く食べることができる一品です。

出典:蓮根もちの磯辺巻き |サトウ食品 - サトウのごはん・サトウの切りもち・サトウの鏡餅

お醤油をつけて、のりで巻くスタイルは定番ですが、すき焼きのタレを使うことで甘みがまし、そこにさっぱりとした大葉がアクセントに。
簡単なのに、お餅に飽きてしまった頃に嬉しい1品です。

レシピはこちらから。

餅の和風ピザ

桜エビや溶けるチーズをたっぷりのせて、メイン料理としても使えるレシピ。
ネギなどの野菜をたくさん乗せれば、とってもヘルシー!

レシピはこちらから。

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ