新婚さんにおすすめの間取りとは|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

Photorait編集部

新婚さんにおすすめの間取りとは 2015.12.18 更新

新婚さんにおすすめの間取りとは

新婚のカップルには、自分たちにあった新居選びがとても大切です。2人にとって快適な生活を話し合い、住みたい場所や間取りなどを具体的に検討しましょう。 中にはペットを飼ってみたい、すぐに子供が欲しい、などライフステージをイメージして新居選びをしている方も。生活費における住居費の割合も考えて、新居の間取りを考えていきましょう。

[INDEX]
▼ふたりの生活を楽しむなら。広めの1LDKで新婚生活を楽しむ
▼家族を増やす予定なら、子供が就学前まで対応できる2LDKの間取りを
▼2人で家事がしやすいアイランド型や調理台の広いキッチンが理想的
▼分譲住宅を購入するなら3LDK以上、または広いリビングがおすすめ
▼間取りを有効に生かせる!収納スペースの確保と不要なモノの処分も大切
▼自分たちのライフプランを考えた間取り選びをしよう

ふたりの生活を楽しむなら。広めの1LDKで新婚生活を楽しむ

しばらくは2人で経済的基盤を作りながら、賃貸マンションで新婚生活を楽しみたい方におすすめの間取りは広めの1LDKです。
ワンルームマンションとは異なるファミリータイプの1LDKのバスとトイレがセパレートのタイプがいいでしょう。一緒に過ごすリビングダイニングと寝室があれば、新婚さんにはちょうどよい広さで家賃も抑えられます。

お互いに仕事をもっている場合は、部屋数が少ないと掃除も楽になりますよ。

家族を増やす予定なら、子供が就学前まで対応できる2LDKの間取りを

早々に妊娠出産を希望している場合や授かり婚の場合で、賃貸マンションを考えているなら、2LDKの間取りがおすすめです。赤ちゃんを一人家族に迎えるだけでも生活用品や衣類などが一気に増えるので、夫婦2人だけよりも1室プラスして考えましょう。
特に結婚と出産が重なる場合は夫婦の協力が不可欠ですから、夫婦の寝室と子ども用品をざっくり収納しておける部屋と考えて部屋割りするとよいでしょう。

2人で家事がしやすいアイランド型や調理台の広いキッチンが理想的

やりがいのある仕事をしている方は、結婚しても共働きで仕事を続ける傾向があります。2人で帰宅後に家事を分担する新婚カップルも増えていますね。忙しい2人にとっては家事の時短ができる間取りが理想的です。
キッチンと洗濯室が通路でつながっていると家事効率がよくなります。開放的なアイランドタイプやL型などの調理台が広くとれるキッチンなら、2人で一緒に調理をすることも可能ですよ。

分譲住宅を購入するなら3LDK以上、または広いリビングがおすすめ

経済的に余裕がある方が結婚して新居を考えるなら、将来的なことも考えて分譲マンションか新築一戸建ての検討がおすすめです。分譲マンションの場合は、家族が増えた時のことを考えて3LDK以上の間取りを検討しましょう。
購入する場合は間取りだけで選ばずに、周りの環境も購入するつもりで朝晩の街の様子や学校、買い物する場所などもトータルで十分検討しましょう。

間取りを有効に生かせる!収納スペースの確保と不要なモノの処分も大切

今まで別々に生活していた2人が一緒に暮らすことになるので、新婚生活をスタートしてみると思いがけずモノで空間が埋まってしまうことも。
お互いに不要なものや重なって持っているものは処分するなど、モノを減らす作業も大切です。その上で本当に必要な収納スペースを組み込んだ間取りを検討しましょう。モノを減らさずに収納スペースだけを増やしても、モノの置き場所に家賃を払うだけ、ということになりかねません。

自分たちのライフプランを考えた間取り選びをしよう

新婚生活を始める場合にも勢いや理想だけで住まいを決めず、今後のライフプランを2人で話し合って選ぶようにしましょう。
とりあえず賃貸にする場合、住居を購入する場合によっても、選んでおきたい間取りが異なってきます。

将来的な子どもの育成を考えると、個室にあまり重点をおかずに、リビング空間で勉強や遊びができる間取りもおすすめです。

  • 1
  • ライターネーム:ゲストライター

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ