大人のウエディングヘア9選|Photorait

Free Style

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

Photorait編集部

大人のウエディングヘア9選 2015.12.18 更新

大人のウエディングヘア9選

未来の自分へ約束する特別な記念日を彩るウェディングヘア。だからこそ、たんなるお洒落を楽しむのではなく、本来の自分らしさをしっかりと出せるようなヘアスタイルを選びたいものですね。世界で一つの大切な個性を、最高に引き立ててくれるヘアスタイルとはどんなものでしょうか。可愛いだけではない、主張のあるスタイルを探してみてください。

[INDEX]
▼シンプルにまとめてクラシカルなウエディングヘア
▼ニュアンスを楽しむなら、ヴィンテージっぽいヘアスタイルでお洒落感度の高さをアピール
▼合い言葉は「がんばりすぎない」素朴なナチュラル風味のショートへアスタイル
▼花飾りをあしらうなら、ホワイトを選んで清純なイメージで
▼ダウンスタイルで大人っぽい艶やかさをアピール。大きくウェーブさせた髪に光を集めて
▼可愛らしく美しい。大人のダウンスタイル”ハーフアップ”
▼大人の凛とした女性にもなれる、ハーフアップスタイルのアレンジ
▼特別な時間だからこそ、シンプルな自分で勝負!
▼特別な日には、惜しみなく生花を使っても
▼大人のウェディングヘアはシンプルさが重要

シンプルにまとめてクラシカルなウエディングヘア

クラシカルなヘアスタイルなら、伝統的なものに対して敬意を払うことのできる、洗練された女性の魅力がひき立てられます。極力、ストレートで作った面を強調しながら、まとめた部分は柔らかく曲線を描きながら仕上げることで、柔和な雰囲気も同時に醸し出せます。堅すぎるイメージにならないように、アクセサリーには少し大ぶりなものをもってくるとバランス良くまとまります。

ニュアンスを楽しむなら、ヴィンテージっぽいヘアスタイルでお洒落感度の高さをアピール

巻いた髪の毛束感を利用して、まとまりのあるカールを残しながら作るヴィンテージ・スタイル。うなじをすっぽりと覆ってしまうような、低めの位置に重心をもってくることで、優雅な雰囲気が醸し出せます。どこかにポイントで髪飾りをごく控えめに付けてもよいでしょう。メイクはリキッドアイラインをしっかり入れて50年代風に。

合い言葉は「がんばりすぎない」素朴なナチュラル風味のショートへアスタイル

ショートヘアを無理してアップスタイルにするのではなく、そのままナチュラルに。その代わりにちょっといつもは付けないくらいのゴージャスなヘアバンドをオン。肩肘はらず、抜け感のあるスタイルは、どんな人から見ても好印象。そしてなにより自分自身が、のびのびと時間を過ごせるのではないでしょうか。自然体が一番という大人の女性にぴったりのウェディングヘアです。

花飾りをあしらうなら、ホワイトを選んで清純なイメージで

大人っぽいウエディングヘアに花を使うならば、やっぱりホワイトがおすすめです。色とりどりの豪華で無邪気なイメージよりも、より簡潔で上品なニュアンスのもののほうが、素敵にみえるはずです。ホワイトであればある程度の大きさがあってもインパクトが強すぎるということはありませんから、ドレスのデザインとうまく呼応させて花飾りを選んでみましょう。

ダウンスタイルで大人っぽい艶やかさをアピール。大きくウェーブさせた髪に光を集めて

大人だからこそ似合うウエディングヘアの5つめは、ダウンスタイルです。幼すぎる花嫁だと味気なく手抜きの印象にさえなりそうなところですが、大人らしい魅力が備わっていれば、波打つグラマラスな髪がしっとりとした余裕に満ちた雰囲気を醸し出すでしょう。サイドに流して、おでこをすっきりとさせれば、清廉な明るさも発揮できます。

可愛らしく美しい。大人のダウンスタイル”ハーフアップ”

ダウンスタイルの中でも豊富なアレンジがあるのがハーフアップスタイルです。中でもとても可愛らしい三つ編みハーフアップスタイルは、大人の女性だからこそ、可愛さがありつつも、美しく可憐な姿に仕上がります。アレンジ方法は、両サイドを三つ編みにして後ろでまとめるシンプルなものですが、だからこそ、三つ編みを片側に1本ずつ作るのか、2本ずつにするのかなど細部にもこだわりたいところ。そしてまた、三つ編みの幅の太さでも、お顔や全体の雰囲気も変わってきます。細めの三つ編みならよりキュートに、太めの三つ編みなら肩肘はらないリュクスな感じに仕上がります。大人可愛いスタイルなら、三つ編みハーフアップも良いですね。

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ