日本各地の名所でフォトウェディング!ふるさと和婚の魅力とは?【PR】|Photorait

Free Style

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

特集

日本各地の名所でフォトウェディング!ふるさと和婚の魅力とは?【PR】 2016.09.20 更新

日本各地の名所でフォトウェディング!ふるさと和婚の魅力とは?【PR】

結婚の幸せな瞬間を形にする、前撮りやフォト婚が昨今話題を呼んでいるのはご存知でしょうか?結婚式はせずに、フォトウェディングで世界遺産や観光地、ふるさとで和装を身に着けて、家族と一緒に写真を撮って、親孝行したいというカップルが増えています。 「ドレスは着たけど、憧れの白無垢や和装の写真も残したい。」そんな方におすすめサービス「ふるさと和婚」をご紹介します。

「ふるさと和婚」とは?

生まれ故郷や日本各地の名所・古きよき風景の残る場所で、日本伝統正装の和装をしてフォトウェディングを行うことで両親への感謝を表すーこれを「ふるさと和婚」と言います。

「ふるさと和婚」の良さは、思い出やご縁のある場所に夫婦や家族・親戚で訪れることで、今までと違う雰囲気のウエディングを体験できることです。一生に一度の晴れ姿を普段離れている家族と、撮影する時間も思い出の1ページになります。

WEBで衣装を選べる「ふるさと和婚」フォトウェディングの良さは?

和装の衣裳と言えば、凛とした雰囲気の白無垢を思い浮かべる方が、多いのではないでしょうか。今回ご紹介するフォトスタジオでは、衣装が50点以上と豊富なバリエーションに加え、華やかな色打掛に紋付き袴をWEBで画像を見て選べます。好みなものを事前に、3点まで予約ができます。

撮影当日に予約をしたものを試着した上で、撮影用の衣装を決めることできるので、イメージと違うということもなく安心です。ヘアスタイルに関しては洋髪のアレンジしたものや本格的な和髪鬘もあるので、ロングヘアではない方も和装に合わせることができます。

おすすめの和装ロケーション撮影場所【金沢編】

写真の雰囲気を左右するロケーションは、世界遺産や有名観光地から好きな場所を選べます。
雑誌やテレビの撮影でよく使われる「ひがし茶屋街」は、古い町並みに美しい出格子が印象的な町です。

日本三大名園の一つ「兼六園」は、長い年月をかけて作り上げた庭園や建物、そこにある歴史だけではなく、季節折々の風景が訪れる人の心を魅了してくれます。

中でも、桜の季節や秋の紅葉のコントラストは、二人の気分を盛り上げるだけではなく、和装にも映えるのでおすすめです。

二人の自然な雰囲気を大切にしながら、和傘の小道具もいれて撮影できるのが、このロケーション撮影でのメリットです。

■金沢エリアおすすめのスタジオ
アート工房(アニバーサリー&ブライダル)

076-213-6679
定休日:毎週火曜日
受付時間:13:00~20:00

  • 石川県
  • アート工房(アニバーサリー&ブライダル)
  • 住所:野々市市御経塚2丁目197
  • エリア:石川全域

おすすめの和装ロケーション撮影場所【横浜編】

横浜の広大な庭園で桜の名所としても知られる「三渓園」は、茶室や貴重な建物のほとんどが重要文化財に指定されています。歴史を感じる厳かな雰囲気に背筋が張りながらも、四季を彩る花は和装との相性ピッタリです。

池や橋がある庭園では、いろんな角度から様々な二人の雰囲気を感じる写真が撮れます。
しっかり背景が写ったものから、水面と太陽の反射した幻想的な雰囲気も良いですね。庭園の中で、枯山水がある場所なら押さえておきたいスポットです。

■横浜エリアのおすすめスタジオ
STUDIO NOUVEAU Inc.

03-5802-7060
定休日:年中無休
受付時間:毎日 9:00〜22:00

  • 東京都
  • STUDIO NOUVEAU Inc.
  • 住所:文京区小石川3-19-14 1F/B1
  • エリア:東京駅・皇居周辺

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ