思いっきりロマンチックなウエディングフォトを撮るなら@台湾もあり?|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

特集

思いっきりロマンチックなウエディングフォトを撮るなら@台湾もあり? 2016.06.20 更新

思いっきりロマンチックなウエディングフォトを撮るなら@台湾もあり?

結婚式は写真だけで済ませたいけど、新婚旅行気分も味わいたい。そんな欲張りなカップルには、結婚写真の撮影と海外旅行が楽しめる「海外ウエディングフォト」がおすすめです。 行き先は日本にも近くて親日家も多い、台湾はいかがですか?日本人向けのプランを用意して、言葉の心配もない写真館が台湾には多くあります。グルメや観光も楽しめて、ロマンティックな結婚写真が撮れる台湾のフォトスタジオについて、くわしくお伝えします。

[目次]
▼ドラマティックなフォトブックが作れる!
▼台湾ならではのウエディングフォト
▼異国情緒あふれる街中での撮影も
▼一般的な料金の相場と、含まれるもの
▼台湾の結婚写真スタジオの選び方
▼台湾で結婚写真を撮るのに必要な日数は?
▼しっかり事前確認を忘れずに

ドラマティックなフォトブックが作れる!

一般的な台湾の結婚写真専門店では、ウェディングフォトをアルバムにしてもらえます。写真の枚数は20枚から30枚が多いようです。女性は3着程度衣装を身につけ、ヘアメイクも完備。野外での撮影もできます。

撮影枚数が多いので、いろいろな衣装とシチュエーションを組み合わせた写真が撮るケースが一般的。映画の主人公のようなポーズや設定で、ドラマティックなフォトアルバムをつくっちゃいましょう。もちろんカメラマン、スタッフはプロばかり。日本人に向けた営業をおこなっているスタジオなら、言葉の心配もないでしょう。

台湾ならではのウエディングフォト

せっかく台湾まで行くのであれば台湾でしか撮ることのできない写真にしたいですよね。プランにもよりますが、日本とはまた違った雰囲気の景色が広がる場所での撮影を行うことができるお店も数多くあります。二人きりの世界観を演出したいのであれば自然の中での撮影がピッタリ。雄大な自然の中でのびのびとした写真を撮ることができますよ。希望のロケーションがあれば事前にしっかり伝えておきましょう。

異国情緒あふれる街中での撮影も

台湾料理店の店先での一枚。台湾なら日本では撮ることのできない異国情緒あふれる写真を撮ることができます。台湾の街並みは賑やかな中にどこか懐かしさを感じさせる温かみが特徴。そんな雰囲気の中でウエディングフォトを撮りたいという二人にオススメなのが観光客にも人気の街、九份(きゅうふん)。昔ながらの商店や飲食店が建ち並び、ノスタルジックな雰囲気が楽しめますよ。

一般的な料金の相場と、含まれるもの

台北の写真館の料金は、30,000〜50,000 元くらいが相場です(1台湾元=3円 2016年6月現在)。
一般的な結婚写真館では、以下のものが料金に含まれます。
・女性のドレス 3着
・男性の衣装 1着(または2着)
・衣装ごとのメイク、ヘアメイク
・写真20~30枚のアルバム(A4サイズ)
・拡大写真(A1 額付き)
・写真のCDーROM
・額付き 卓上写真
・撮影に使う花などの小道具

お店によっては他にもいろいろなものを付けてくれるところがあるようです。
できあがったものは、郵送で日本に届きます。送料 約4,000元を足しても、日本で同じものを作るより安く済むでしょう。

台湾の結婚写真スタジオの選び方

日本からスタジオを選ぶにはホームページを読んでよさそうなところを選ぶ、ということになりそうですが、できれば台湾でスタジオの下見をしましょう。実際にお店に行ってドレスの種類や質、カメラマンの腕前、接客態度のチェックをして、納得のいくスタジオに決めるのが一番です。
台湾には格安航空でも行けますから、観光がてら足を運んでみるのがベストです。どうしても台湾に行けない時は、経験者のブログなどを読んで信頼できる情報を集めましょう。

台湾で結婚写真を撮るのに必要な日数は?

台湾の花嫁が結婚写真を撮るときには、下見からアルバムの受け取りまで2か月くらいかけるそうです。それを日本人がやるのは無理ですので、できることはインターネットで済ませてしまいましょう。スタジオを選んで打ち合わせをし、事前契約や予約をしておきます。
現地では衣装を選び、撮影をして、アルバムに採用する写真を選びます。写真撮影は平均で6時間ほどかかるので、3日あれば台湾で撮影した結婚写真が出来あがります。大型連休を利用すれば余裕ですね。

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ