結婚式の電報の送り方|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

ガイド

結婚式の電報の送り方 2016.03.30 更新

結婚式の電報の送り方

結婚式に招待されていたけれど、やむを得ない事情で欠席しなくてはならなくなった。招待はされていないけれど、仕事関係者にお祝いの気持ちだけでも届けたい。そんな場合には、祝電を送ると、華やかな1日に彩りを添え、お祝いの心も伝わります。結婚式の電報は、どのように送ればよいのでしょうか。

結婚式の電報を送るために知っておきたいこと

結婚式に送られた電報は、披露宴の歓談中などに内容を紹介されたり、名前を読み上げられたりします。電報を送るなら、少なくとも披露宴開始の1時間前には届いておくように手配しましょう。急な事情でなければ、前日か2、3日前に届くよう申し込んでおくと、安心です。

あて先は結婚式や披露宴会場の住所、会場名に。あて名は、結婚する二人の名前にするのが一般的ですが、面識のあるなしやこれまでの関係性を考えて、どちらか片方の名前でもかまいません。結婚を機に、どちらかの姓が変わる場合でも、基本的には旧姓で送ります。

結婚式の電報はどこにどうやって申し込めばよい?

電報を送るサービスはさまざまありますが、代表的なのが東西NTTのD-MAILでしょう。台紙の選択や文字数によって料金が変わってきます。電話帳にも文例が載っていますし、電話(115)で申し込めるので簡単です。口頭で伝えるので、式場などの情報を手元に準備し、文面を前もってしっかり決めておいてから電話しましょう。

また、郵便局でも、レタックスのサービスが利用できます。ほかにも各社の電報サービスがあり、NTT郵便局含め、インターネットで検討、申し込みができるので、台紙の種類や内容にこだわりたい人には、おすすめです。

結婚式の電報の内容について注意すべきこと

結婚式の電報の内容については、特別な決まりはありませんが、お祝いの場にふさわしくない言葉を避けるべきという点にだけは注意しましょう。

「切れる」「終える」「離れる」など、別離やネガティブなイメージを持つ「忌み言葉」は、使わないようにしましょう。また、意味としてはポジティブなものであっても、この結婚が唯一無二の相手と考えて、「たびたび」「ますます」「いろいろ」などの「重ね言葉」も除くようにします。祝電が披露宴で公開されることも考慮して、文末に差出人のフルネームを入れることを忘れずに。

電報の文例:ベーシックなもの

各電報サービスには、結婚式用の文例が用意されているので、送りたい相手との関係を考えて最適なものを選べます。

ご結婚おめでとうございます。新しい人生のスタートにあたり、これからの長い道のりをお二人で力を合わせて進まれることを心よりお祈りいたします。明るく楽しい家庭を築いてください。

出典:結婚式の祝電・お悔み用の弔電|各種文例紹介|NTT西日本 電報のD-MAIL

華燭のご盛典を祝しますとともに、お二人の新しい門出にあたり、ご多幸とご健康をお祈りいたします。

出典:結婚式の祝電・お悔み用の弔電|各種文例紹介|NTT西日本 電報のD-MAIL

電報の文例:ユニークなもの

相手の趣味としている音楽やスポーツ、二人の出会いのエピソードなどを交えて、オリジナルの文面にするのもよいでしょう。また、ユーモアあふれる文面にしたおもしろ電報にすると、披露宴の場を盛り上げて、喜ばれます。

ご結婚おめでとう。テニスで結ばれたお二人だから、パートナーシップは完璧でしょう。長いラリーを続けられますように。

出典:結婚式の祝電・お悔み用の弔電|各種文例紹介|NTT西日本 電報のD-MAIL

☆納品書☆ 丈夫で長持ち、一生保証付。 当社のイチ押し商品にてノークレーム・ノーリターンでお願いします。 商品についてのご質問は出席しております◯◯まで問合せ下さい。 ご結婚おめでとうございます。

出典:感動のエピソード&ユニークな例|パールメッセージ

個性あふれる台紙や素敵な付属品を選べる電報

電報の台紙は各社さまざまなデザインのものがあり、相手の好みや予算に合わせて、素敵なものを選べます。結婚式らしい花や水引をあしらった台紙だけでなく、凝ったものでは押し花や刺繍を入れた台紙もあります。

また、付属品がプレゼントにもなる電報もあり、プリザーブドフラワーの花束やバルーン、キャラクターものやぬいぐるみなど、その種類は多彩です。バルーン電報は、お祝いの言葉とともに、その存在で当日の会場を明るくデコレーションしてくれます。

新郎新婦好みの花やぬいぐるみ電報を送ると、大切な思い出として後に残すこともでき、喜ばれるでしょう。

  • 1
  • ライターネーム:ゲストライター

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ