結婚祝いに渡したい!手作りのメッセージカードアイデア|Photorait

フォトウエディングあるあるお悩み解決講座

Special Recommend

特集

ガイド

Photorait編集部

おすすめ

注目キーワード

特集

結婚祝いに渡したい!手作りのメッセージカードアイデア 2016.03.31 更新

結婚祝いに渡したい!手作りのメッセージカードアイデア

大切な人が結婚することになったら、お祝いの気持ちを心がこもったメッセージカードにして渡したいですね。 記念にも残るメッセージカードや寄せ書きは、思いの伝わる手作りのものにしてみませんか。 手作りのものなら、メッセージの言葉はもちろん、カード本体も世界にたった1つだけ。 簡単でも華やかにできる手作りカードと寄せ書き色紙のアイディアをご紹介します。

シンプルなハート型で新郎新婦を表現したカード

結婚を象徴する代表的なモチーフといえばハート。ハートの形なら、はさみを使って紙を切り抜くのも難しくはありません。

柄や色の違う紙を重ねていくことで、タキシードとドレスを表現できます。切った紙やリボン、ビーズなど各パーツを順に貼りつけていくだけなので、とても簡単です。

エンボス紙やリボンを使うと、立体感が出て美しい仕上がりになります。白と黒以外を同系色でまとめると、上品ですね。

クラフトパンチを使うと華やかな花束も簡単

クラフトパンチを使うと、メッセージカードに華やかな花をデザインするのも簡単です。
1種類のクラフトパンチでもよいのですが、大きさの違うものがあればより素敵に。

形はクラフトパンチにおまかせなので、器用さに自信がない人でも大丈夫。
抜いた花形を一旦円形の台紙に貼っていくと、形の整え方に迷うこともありません。

金のラメを置くと、お祝いにふさわしいっ華やかな印象になります。
応用で、ハートのクラフトパンチを使用するのもおすすめです。

レースペーパーを活かしてウエディングドレスに

シンプルな作りなのに、結婚のお祝いらしさがとても出ているカードです。

レースペーパーの形や色を利用して、ウエディングドレスを表現しましょう。
レースペーパーをドレスの形に合うように折りたたみ、余分なところをカット。
折りたたむことで、ドレスに立体感が出て、洗練された印象になります。

白いレースが目立つようなカラーの台紙を選ぶのがポイントです。

スタンプなら一瞬で本格的な仕上がりのカードに

形を整えるのが苦手という人なら、結婚祝いのイメージに合ったスタンプを用意しておくと、いざというときに使えます。おしゃれなスタンプは、押すだけでウェディングらしい雰囲気を作り出せるので、とても便利です。

ドレススタンプは、カラフルな台紙を使用する場合には、白のインクで押しても、素敵なものになります。お祝いしたい相手によって、仕上がりを変えられるのは手作りカードならではの良さですね。

多人数で寄せ書きするならあらかじめスペース割りを

まとまった人数でメッセージを送りたい場合は、色紙に寄せ書きという形はいかがでしょうか。
凝った形の色紙も市販されていますが、手作りでデコレーションしたいなら、土台がシンプルな色紙がよいでしょう。

寄せ書きで多いのは、色紙の中央を文頭にして放射線状に書くか、マス目上に分割するスタイルです。
あらかじめ人数割りし、スペースを分けておくと、仕上がりがきれいです。

余白や仕切りの部分に、クラフトパンチで抜いた紙やシール、写真を貼ると華やかになります。

小さい別用紙を貼る寄せ書きはメリットが大

寄せ書きをする際は、色紙に直接メッセージを書くのではなく、1人ずつ小さな用紙に書き、後で色紙に貼りつけていくという方法もあります。

1人あたりのスペースを計算しておく必要がありますが、多人数が思い思いに書いても、最終的にデザインをまとめやすいというメリットは大きいでしょう。

また、あらかじめ用紙を配っておけば、手間も時間も省け、それぞれにメッセージをゆっくり考えられます。

1人分の小さい用紙は、花やハートの形が結婚祝いらしくて、おすすめです。

★関連記事
【結婚祝いのメッセージ】そのまま使える!文例まとめ

  • 1
  • ライターネーム:ゲストライター

この記事についたキーワード

フォトウエディングに関する他の情報

SPECIAL ALBUM TOPへ
ページトップへ